スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委託労働者 電話労働相談会を行います!~ 雇用は労働組合しか守ってくれません!! ~

国土交通省ではこの間、多くの委託業務において民間業者参入促進のため一般競争などを実施してきました。しかし、その結果、車両管理業務では多くの事務所において「低入札」となり、また、他の業務においても「低入札」の割合が大幅に増えています。
 このように毎年のように落札金額が下がり、働く労働者への一方的なしわ寄せがおこなわれ、"官製ワーキングプア"が社会的問題となっています。入札結果を理由とした解雇が問題となっています。
2008年3月には、本局の車両管理業務を受注していた日本道路興運㈱大阪支店が落札出来なかったことから、3月末での全員解雇を通知してきました。その通知に対し『労働相談』に訪れた5名が、建交労に加入し、「落札失敗は労働者の責任ではない。雇用を守れ」のたたかいを行いました。その結果、団交で「解雇通知は無かったものとする」との回答を引き出し、5回の粘り強い団交で就労を希望する組合員全員が、民間企業への就労確保を実現する重要な成果を勝ち取りました。
今年度も下記の日程で『労働相談会』を実施します。どんなことでも結構です。相談下さい。
 ―委託労働者懇談会News21より―


《相談日》
3月 8日(日) 10時~16時
《会 場》
国土交通労働組合近畿建設支部
  大阪市中央区大手前 1-5-44大阪合同庁舎1号館 第二別館2階

電話・Mailでの相談もおこないます
  電話番号  06-6941-1249
  E-mail   chihon@clu-kinki.or.jp



入札結果を理由とする解雇は  絶対に許せません
委託労働者懇談会は、国土交通省で働く委託労働者における「官製ワーキングプア」「偽装請負」等の諸問題の解決に向け、解雇撤回等の争議支援を行うとともに、国民の安全・安心を守る公務労働の確立に向け、国土交通省における委託業務のあり方そのものを正す共同の取り組みを行っています。
 今、近畿地方整備局の職場では、これまでの定員削減の代替として約1,400名の委託労働者が働いています。みなさんは近畿地方整備局職員とともに国民の生命や財産を守る重要な役割を果たしています。しかし毎年行われる「競争入札」では、適正な調査基準価格や最低制限価格が設定されていない為、ダンピング受注が横行し、その結果、「整理解雇」や「賃金引き下げ」など従業員(委託労働者)に犠牲が強いられています。
 2009年度の車両管理業務の入札に、価格本位の「一般競争入札」が全面的に導入されて以降、これまで働いていた委託労働者が大量に解雇される一方、低価格で受注した会社では、月額14万円から16万円という賃金や場合によっては生活保護以下の低賃金で働かされるという異常な事態がおこっています。
 来年度の委託業務の入札が今後順次行われていますが、価格本位の「一般競争入札」はあらたまっておらず、入札結果により、さらにそのしわ寄せが従業員の雇用と生活の危機を脅かす危険性があります。
 入札結果や低い入札金額を理由に、会社のために苦労して働いている従業員へのしわ寄せは、道理的に許せるはずがありません。
 私達はこれまで、国土交通労働組合と建交労と共同で、公共事業の現場で働く民間労働者の解雇や賃下げ攻撃をはねつけてきました。
自分のため家族のため勇気を出して共に闘いましょう。

解雇のチェックポイント 【最高裁判決の「整理解雇」の四要件】
労働組合はあなたの味方です


解雇には正当な理由が必要です。恣意的な解雇は無効です。いわゆる「整理解雇」は、次の四つの条件を満たしていなければ無効です。(最高裁判例)
一、 整理解雇をしなければならない程の経営状態にあること。
二、 解雇という手段は、最後の手段として認められるもので、役員報酬のカット、その他の経費削減、遊休資産の処分、新規採用の中止、希望退職募集など、経営状態を立て直すための他の手段によって、解雇を回避する努力を尽くしたこと。
三、 人選基準が合理的であり、その基準の適用も合理的であること。
四、 労働者・労働組合との協議を尽くすことなど、解雇にいたる手続きに合理性・ 相当性があること。

スポンサーサイト

国公近ブロ組織拡大早朝宣伝行動を実施

労働組合への加入を求め、大阪第一合同庁舎前で

国公近ブロ組織拡大早朝宣伝行動を実施しました。

IMG_7381.jpg

本日配布したビラです

130828国公近ブロ組織拡大ビラ_PAGE0001

130828国公近ブロ組織拡大ビラ_PAGE0000

新規採用職員のみなさん 入省おめでとう

新規採用のみなさん、入省おめでとうございます。

国土交通労働組合は、心からみなさんを歓迎します。

国家公務員として採用され、国民のみなさんの役に立つ仕事がしたい、
東日本大震災のような大規模災害から国民の命とくらしを守りたい、
公共事業を通じて国民の生活を良くしたいなど、様々な夢や希望を持っておられると思います。

ぜひ、初心を忘れることなく、早く職場に慣れていただいて、
私たちと一緒にがんばっていただきたいと思います。

さて、いま私たち公務を取り巻く状況はたいへんです。
「公務員バッシング」や「道州制」「地方出先機関の廃止」により、
国の行政のしくみを大きく変える検討が行われています。

こうした中で、賃金などの労働条件は切り下げられ、
さらには公務員であっても解雇される可能性が否定できない現状です。

国土交通労働組合は、「明るく働きやすい職場づくり」、
労働条件の改善、職員の雇用を守るため運動をすすめています。
また国民の安全・安心が守れる行政執行体制の確立をめざして、運動をしています。
ぜひ国土交通労働組合への加入を心より呼びかけます。

ともにがんばりましょう

《新規採用職員へのビラ配布》
プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。