スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STOP戦争法 憲法学者 小林節さんの”白熱講義”を聞くつどい に参加してきました。

7月28日の夜、エルおおさかで行われたつどいに参加しました。大ホールでの開催でしたが開始前にはすでに満席で会場に入れず、会場入り口のソファに座り聞きました。主催は大阪革新懇(進歩と革新をめざす大阪の会)です。
 

20150801.png

 小林さんは、「この法案を戦争法案と呼ばずとして何と呼ぶのか?」、と切り出して講演が始まりました。以下主な講演内容です。
▲対案を出せというが対案ではなく廃案だ。
▲徴兵制はありえないと自民党は憲法18条に意に反する苦役を禁じている。を根拠に、だからあり得ない。というがその事が信じられない。なぜかというと、自民党の草案では、「国民の協力を得て国防」とあり、出兵は「客観的、合理的、総合的に判断」と安倍さんは言っている。
▲「アメリカの戦争に参加する事はあり得ない」と報道している○○新聞は、自民党の意のままに報道する新聞社。
▲北朝鮮がミサイルを撃つ撃つと言っているが撃てない。
▲アメリカは戦争破産をし連邦政府の公務員給料の遅配が起こっている。戦争というものは一方的な花火大会であり、アメリカは何故、破産しないのか?、それはアメリカの手形の裏書きを中国・日本が行っているからである。
▲平和大国としての日本の70年間は「宝物」。
▲何故、安倍さんは自信満々なのか、それは選挙で支持を得ているからである。今の安保法制(戦争法案)は300あるマニュフェストの270番目のもの。などの話しの後、今の状況を活かして逆に、「国民主権を確立するチャンス」であるとして以下のように話されました。
▲権力によるクーデターに対し、言論と投票箱で追いだそう。
▲主権者は国民だ。裏切ったら変えてやるというチャンス。
▲世論の力で廃案に追い込もう。
▲必死にやることはいいが、気長にすることだ。ゾンビのごとく官邸を襲い、政権を倒すところまで怒りを持続させよう。

などの話しをされました。 今回の講演のように自民党側の憲法学者も異論を唱える安保法制(戦争法案)。たたかいは参議院になっていますが、傍観・諦めることなく廃案に向けた活動に取り組まなければならないと気持ちを新たにしました。


小林節さん
 慶応義塾大学名誉教授、弁護士。法学博士、名誉博士。改憲論者として自民党改憲草案作成にもかかわるが、出された草案の立憲主義を逸脱した内容に仰天、反対に回る。(つどいの案内チラシより)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。