スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第86回メーデーに行こう!~働く者の団結で生活と権利を守ろう~

「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」をメインスローガンに第八六三回メーデーが五月一日に各地で行われます。 わたしたち国家公務員も国民の奉仕者であると同時に賃金で生計を立て暮らす労働者です。労働者として労働者の祭典メーデーに結集していきましょう。


 メーデーは単に働く者の集会というだけでなく、その時々の社会における大きな問題についての方針提起を行ない、賛同を呼びかける場でもあります。

 現在、安倍政権のもと、戦争できる国づくりへの暴走や、労働基本権や労働者派遣法の改正などをはじめとしたさらなる改悪など、日本の政治は国民・労働者の生活を無視した政治を進め続けています。
こうした情勢のもと、労働者の生活と権利を守るための決起の場であるメーデー』に臨むことは重要です。
 
 また、我々が直面している課題、「定員合理化計画を撤回させ、国の出先機関の大幅拡充」「国の責任を放棄する道州制・地方分権、地方出先機関廃止の阻止」の実現のためには、職場内のみならず、外に出て、多くの労働者多くの国民に理解を広めていくことが不可欠です。
 メーデーに行って、多くのはたらく仲間と交流しましよう。仲間づくりしましょう。
20150428.png



☆メーデーとは☆
 労働者の日としてのメーデーは、1886年にアメリカの労働組合が、シカゴを中心に8時間労働制要求のストライキを行ったのが起源。1日14時間労働が当たり前だった当時、「8時間は仕事、8時間は休息、残りの8時間は自分のため」を目標に行なわれました。以後も労働者の権利を主張する運動、また、国民がその時々の要求を掲げ団結と連帯の力を示す日として継続・発展してきました。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。