FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国公労連第59回定期大会(その1)

宮垣 中央執行委員長のあいさつ



自民党が過半数をとったといわれているが、先の衆議院と投票数は変わっていない
ねじれは解消したと言っているが、TPPや消費税等の国民の反対の声が大きくなっており、大きなねじれとなっている

消費税等をすすめると国民にたいして大きな負担増となる。

いまやるべき、国民の所得をうばうのではなく国民の所得を増やすべきである
賃下げ法により国家公務員の賃下げを強行しており650万人もの民間労働者にも大きな影響を与えている

新藤総務大臣は賃下げは検討していくと発言している。だんじて許されるものではない

人事院は賃金引き上げの勧告を行わなかった。

人事院は自らの代償機関の責務を放棄して、保身に走った結果である

賃下げ違憲訴訟に勝利し、全ての労働者の賃下げを図る必要がある

また、社保庁職員の分限免職問題については
皆さんの協力もあって、処分取り消しを勝ち取ることが出来た
すべての方の処分取り消しのためにも、引き続き闘っていく必要がある
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。