FC2ブログ

国公労連定期大会(その7) 全厚生闘争団の訴え

全厚生闘争団の訴え

・大阪)大島さん

 3年前分限免職をうけ、悔しさと憎しみをもった
 どうしても社保庁のクビきりが許せなかった
 全厚生を通じて、闘っている仲間を知った
 みなさんに支援があったからこそである。

 悪いことをしていない仲間も処分承認となっている
 京都の15名を含めて判決が残っている

 ともに乗り越えていこう

・秋田)ホサカ氏

 職場復帰することが出来た
 家族を喜ばせたのが良かった
 働き方を学ぶことが出来た
 皆が幸せになれる社会になってほしい

・全厚生闘争団まとめ
 最終段階の大詰めを受ける
 これから遠くない時期に残りの方も判決が出る
 全員の人事院判決を受け、次のステップ裁判闘争になる

 新たに決意を固める時期になっている

 全ての方の職場復帰を最後まで求めていく

 社保庁バッシングの中、奮闘してきた
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ