スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社保庁職員不当解雇問題 新たに京都3人、香川1人の処分を取り消し

~人事院が第4次の判定書交付、処分取消は24人に~

人事院は10月24日の11時に残されていた全厚生組合員の京都の15人と香川、埼玉の17人に判定書を交付し、北久保さんと中本さんなど京都3人と香川の綾さんの4人の処分を取り消しました。
一方、京都12人と埼玉の13人については解雇を承認する不当な判定となりました。また、厚生労働省は全厚生事案17人を含む24人に判定書が交付され、8人が処分取消となったことを明らかにしました。 ~国公労連速報 2976号より



取消判定を勝ちとった全厚生闘争団の北久保事務局長は、「本日判定の4人を含め全厚生闘争団10人の処分が取り消された。多くの仲間に支えられ、励まされて今日までたたかってきた。支援していただいた全国のみなさんに心から感謝する。育児休業中も解雇するなど525人ものクビを切った国家的不当解雇を絶対許すことはできない。私は日本年金機構の職場に戻り、国民の年金権を守るために一生懸命働く決意だ。非正規労働者の雇い止め撤回のたたかいや、社会を変えようと運動するすべての仲間と連帯して、要求実現のためにがんばります」

取消判定を勝ちとった全厚生闘争団 香川の綾さんは「みなさんのおかげで処分が取り消された。引き続き、裁判でたたかう仲間へのご支援を」と感謝の思いを語りました。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。