スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中央労働学校】 東日本大震災の被災地(福島県南相馬市) 現地調査

中央労働学校において東日本大震災の被災地現地調査として、
福島県の南相馬市の原発による被災のあった地域に行きました。

つい先日まで線量が高いということで、立入禁止だった場所だったところですが
町には、信号機は稼働しているものの、車や通行人がほとんどいない状態でした。

早急な復興が求められますが、現地条件がキビシく思うように復興が進んでいません
放射能による被害があった地域の復旧には、果てしない時間がかかることを感じます。


● 点灯する信号機
2012-11-25 15.59.51

● 人がいない駅
2012-11-25 15.53.55

● 津波により破損した橋が未だ手つかずの状態
2012-11-25 16.19.53

2012-11-25 16.15.25


● 被災した水門、ここも復旧に向け手つかずの状態
2012-11-25 16.15.02

● 隣接したポンプ場建屋
2012-11-25 16.19.27


2012-11-25 16.24.56

● 完全に倒壊したままのポンプ場
2012-11-25 16.29.40

2012-11-25 16.29.52

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CLUkinki

Author:CLUkinki
国土交通省近畿地方整備局で働く労働者で作っている労働組合である「近畿建設支部」です

職場の状況や我々の訴えについて記載していきます

大阪市中央区大手前1-5-44   
大阪合同庁舎1号館 第二別館   
 tel&fax 06-6941-1249 

カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

近畿建設支部twitter
シンプルアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。